リスクヘッジを考える

安定したアパート経営を行うには、
常にリスクへの対応を考えておくことが必須です。
また、リスクヘッジを行っておくことで今後の事業展開に選択肢が増えることもあります。

複数棟所有する

複数棟所有する事により「選択肢」を増やす事ができます。
1棟しか所有していない場合、その物件を「持ち続ける」か「売却する」かしか選択肢がありません。
複数棟所有している場合、所有している物件のうち、何棟かを売却して、残りの物件の繰り上げ返済に回したり、全ての物件から上がってくる収益を次の物件の頭金に回すなど、さまざまな選択をすることができ、投資の幅が広がります。
投資の幅が広がることにより、経済状況に変化が起きた場合にも、柔軟に対応できます。


戸数を増やす(数の原理)

統計の原理が働くため、戸数が多くなればなるほど、「予想外の出来事(例えば事故物件となる)」が起きてもダメージは小さくなります。
極端なケースで考えると、2戸だけしか持っていないと、1戸が空室となった場合、収入は50%減となりますが、50戸保有していれば空室が1戸出たとしても、入居率の変動幅が小さくなり、安定した経営を行うことができます。


エリアを分散する

1棟しか物件を所有していないと、災害や事故、大学や企業の移転など、経済状況や住環境の変化など、その物件の周りで、変化が起きた場合、環境の影響を受けることがあります。
エリアを分散して、複数の物件を所有していた場合、他の物件の収益でリカバリーできます。

収益は「消費」せず「再投資」する

収益を消費に使わずにストックして、再投資(次の物件を購入する際の頭金)に回したり、繰り上げ返済することにより、より安定した経営が可能となります。


複数の金融機関と取引する

金融機関によって「得意とするエリア」や「得意とする物件」や「融資を出す時期」や「融資期間」などが異なります。複数の金融機関と取引することにより「融資状況」や「必要とすべき物件」が変化した際にも、継続して、資産を拡大することができます。