ロケーション

これが最重要ポイントになります。
「土地が安かったのでアパートを建てた」では、何も考えていないのと同じです。
アパート経営で失敗するケースはほとんどの場合、ロケーション選定のミスです。

賃貸需要が見込めるエリアを選ぶのは当然のことですが、それだけでは充分ではありません。
人気のある場所は時代と共に変化しています。
また、売却も考慮して「住宅地としても人気のあるエリア」「将来的にも成長が期待できるエリア」であることも意識しておく必要があります。
そこを見極めながら以下のポイントを精査します。

東京23区内であること

良くも悪くも東京一極集中であることはこれからも大きな変化はありません。
特に23区内は単身世帯の増加率は他とは比較にならないほど高く、アパート需要も増え続けます。
また、23区内では部屋の広さより家賃や立地を重視される傾向が強く、他地区とは全く状況が異なると認識してください。
また、私たちは土地を仕入れる前の段階から、近隣の物件数、築年数、構造、入居率、家賃設定、家賃下落率、人口推移、最寄りの駅の乗降客数の推移、地価変動率などあらゆる側面からマーケティングを行っています。
23区内であればどの土地でも問題ない、というような安易な決め方はしていません。


学生・社会人共に需要があるエリアであること

学生に人気があるエリアでも、繁忙期を過ぎると1年間空室が続くこともあります。
両者のバランスを考慮することが大事です。


主要駅から徒歩10分圏内が望ましい

これは一概には言い切れないのですが、やはり主要駅は複数の路線が利用でき、最近は以前に比べ、通勤・通学時間を短くしたいという傾向が強くなっているため需要度は高くなります。
ですから特に人気のある駅(例えば恵比寿、中目黒等)の場合は、15分程度の距離であっても問題ない、ということもあります。最寄りの駅によって、慎重に距離を見定める必要があります。


出口戦略を立てやすいこと

土地の価格を考慮しなければ、売却時のキャピタル・ゲインを得るタイミングを逃す可能性があります。
当然「住宅地としても人気のあるエリア」「将来的にも成長が期待できるエリア」であることも意識しておかなければなりません。
また、23区内の物件は下落しにくいということと、金融機関の数が圧倒的に多いため流動性が高く売却がしやすいということも、頭に入れておく必要があります。


私たちスピリタスは豊富な情報源ネットワークを生かして、どこよりも早く購入可能な土地の情報を得ていると自負しています。
間違いない土地だと確信した場合は、さまざまな方法で確保に動きます。
期待してご相談ください。